top of page

No.0034 藤澤 圭祐

チアリングメンバー

法務のちからをすべての人に

自分の経験を、他の人のために繋げる。

こんにちは。私は慶應義塾大学環境情報学部生兼行政書士の藤澤圭祐と申します。私は大学生活を送りながらてんかんと共に生き、日常の中で得た知識や感覚を皆さまの支援に活かしています。てんかんを患っているため生活には不自由も多いですが、その中で学んだ困難を乗り越える力を、多くの方々のサポートに繋げています。

専門的な知識を活かして取り組んでいること

行政書士として培った専門的な知識や視点を活かし、大学生活の中でも活動しています。契約書の作成や法的手続きに関する知識を、学生活動やプロジェクトに生かし、同級生や後輩たちと共に新しい取り組みをしています。所属しているロボットに関わる研究会では、サイバネティック・アバターを用いて様々な障壁を持つ人が遠隔によって労働に従事できるようにする試みを扱っていたります。

SFC-IFCの中での目標

大学ではSFC-IFCの皆様と出会い、多くの学びと刺激を受けています。彼らと共に考え、行動することで、私自身も大きく成長しています。私のSFC-IFC内の目標は、障害の有無にかかわらず、皆さまが社会で自信を持って活躍できるようにするお手伝いをすることです。皆さまが個々の特性や才能を存分に発揮し、自由に表現できる環境を提供できればと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

-

-

-

-

-

-

No.0034  藤澤 圭祐

bottom of page